スタッフブログ

2014
1月31日

キーウィ&バードライフパーク

皆様、こんばんは。

ご無沙汰しております。

しばらく仕事で南島のクィーンズタウンに行っておりまして、ブログがアップ出来ませんでした。

そのクィーンズタウン滞在中、仕事の空き時間で少し観光も出来ましたので、クィーンズタウンについてしばらく連載させて頂きたいと思います☆

まず、本日ご紹介するのは「キーウィ&バードライフパーク」です♪



この入口が目印で、調度、スカイラインゴンドラの麓にあります。

ニュージーランドの黒鳥、キーウィバードをはじめ、絶滅の危機に瀕している様な貴重な種を含め、この国の固有種の鳥たちを見学出来ます。

日本語のオーディオセットも入口で借りられますので、分かりやすく観光出来ますよ。

写真は撮れませんでしたが、キーウィハウスでは一日に何度かキーウィバードの餌付けを見せてくれます。野生ではミミズなどを主食にするキーウィですが、キーウィハウスではミミズに見立てた牛肉を細長く切り刻んだ物に果物や種を潰した物を織り交ぜて与えています。



こちらは「モアポーク」というフクロウです。その鳴き声が、「More pork!(もっと豚肉頂戴。)」に聞こえるという事でこの様な名前です。首が250度も回ります。先住民族マオリにとっては神からのメッセージを運ぶ使者とも考えられています。



これは積雪山岳地帯に生息する、オウムの「ケア」です。とてもいたずら好きで、山人の靴や食器なども盗んでしまいます。知能がとても高く、動物の中でヒトに次いで知能が高いと言われる猿に匹敵する知能の高さです。



元々、この土地はゴミ溜めだった場所です。それを掘り起こしたらこの様な泉が湧き出ていることが発見され、その後、現在のパークが作られたそうです。



鳥だけでなく、園内にはこういった先住民族のマオリの文化も展示されています。



こちらは、マオリにとっての森の神様、「タネマフタ」を表した彫刻です。頭が鳥、胴体が人間の上半身、そして尾っぽがトゥアタラというニュージーランド固有種の恐竜の生き残りとも言われる動物の尾っぽになっています。



キーウィ同様、飛べない鳥、ニュージーランドクイナの「ウェカ」。柵の中でなく、すぐ横にいるウェカは初めて見たので、かなり接近して写真が撮れました。



山鳩の「ケレル」。



カラフルなインコの「カカリキ」。並んでてかわいいですね。

この他も色々なニュージーランド固有種の珍しい鳥たちを見学出来ますので、鳥好きの方には大変おススメです!

では、次回はまたクィーンズタウンの続きを☆

KANA

2014年1月31日 / Posted by issei

Comments Closed

2014
1月22日

中国のお祭り

皆様、おはようございます。

今朝のコーヒーはアイリッシュクリームです。クリーミーな香りが素敵です。

さてさて、そんなのんびりな朝ですが、先週末に出掛けた中国のお祭りの事を書きたいと思います。

先週末、ASBショーグラウンドでは中国の旧正月をお祝いするお祭りが開催されていました☆



中国の物産や屋台などがたくさん出ていてとても賑わっていました。私は中華刺繍のほどこされたかばんを二個も買ってしまいましたよ☆



中国の歌ダンスも披露されていました。



このイカ焼きとてもおいしかったです!もっと食べたかった!!



こちらのレモンゼリージュースもさっぱりでとてもおいしかったです!!

中国移民の多いニュージーランドではまだまだ旧正月お祝いのイベントは盛りだくさんですね!

滞在日と重なったらぜひ参加されてみて下さい♪

KANA

2014年1月22日 / Posted by issei

Comments Closed

2014
1月20日

ブレナム

皆様、こんばんは。

外は嵐の様なオークランドの夜です。

そんな本日は荒れ気味のオークランドですが、昨日はこのオークランドを離れ、南島のブレナムに行って来ました。

ブレナムは南島の北端に位置する町で、ブレナムを含むマルボロ地方というのはニュージーランド最大のワインの産地として有名な所です。

今回、私は二軒のワイナリーを巡って来ました。



まずはこちらの「クラウディベイ」。ワイン好きの方はこのロゴはよくご存知ではないでしょうか。ニュージーランド全土で飲まれている、非常に有名なワイナリーです。



広々としたスペースでテイスティングワインもこのお庭の方まで持って行ってのんびり飲む事が出来ます。室内の写真を撮り忘れましたが、室内もモダンで明るい広々としたワイナリーでした♪



デッキでは生演奏を聴きながら、のんびりとした時間を過ごす事が出来ました☆



マルボロ地方といえば、白ワインのソーヴィニヨンブラン種!本場で飲むとおいしさ100倍ですね☆



目の前は見渡す限りのブドウ畑が広がります☆



クラウディベイのワインは本当においしいですね。

とにかく、クラウディベイは広くてのんびり静かな時間を過ごせます!私は一瞬、天国にいるのかと錯覚をするぐらい素敵な場所でした!!!お庭に木からぶら下がっている椅子がたくさんあるんですが、それに揺られている時間が一生続けば良いのに!と思ったぐらいでした。北島を含め、色々なワイナリーを訪問しましたが、私の一押しはこのクラウディベイになりました!!!ぜひとも、皆様もブレナム旅行の際は立ち寄ってみて下さい♪

このままではクラウディベイから一歩も離れられないという状態になるほどのんびりしてしまいましたが、せっかくのブレナムなので一か所でじっとしているのももったいないので、名残惜しい中、次のワイナリーに向かいました。



次に訪れたのが「アランスコット」というワイナリーです。



こちらのワイナリーも大変賑わっていました。バブルワインが人気の様で、私もソーヴィニヨンブランのバブルワインを試してみました。とてもおいしかったです。パーティーなどに一本良いですね!



ボトルもかわいくておしゃれですね♪



内装もとてもかわいらしいワイナリーでした☆



レストランスペースも明るくて良い感じでした。



もちろん、オープンスペイスも☆



ちょっとコーヒーで休憩しました。ワイナリーって、ほんと何であんなにゆったりした時間が流れるんでしょうね?

とにもかくにも、ブレナムが大好きになりました☆

皆様もニュージーランド旅行の際は、ブレナムのワイナリー訪問してみて下さい!

KANA


2014年1月20日 / Posted by issei

Comments Closed

2014
1月18日

キーウィバーガー

皆様、おはようございます。

只今、朝のコーヒー一服中です♪

さてさて、ここの所、街中の至る所でも看板が見られ、話題のキーウィバーガー。

元々、マクドナルドのメニューにあった物ですが、最近、また復活しました!



キーウィバーガー誕生、25周年記念だそうです。

定番のキーウィバーガーだけではなく、ニュージーランドの高級牛肉、アンガスビーフを使った、アンガスキーウィバーガーも新発売☆とてもニュージーランドらしいバーガーですね!

私が先日食べたのは定番の方のキーウィバーガーです。

日本からのお客様とお話していると、時折、キーウィバーガーはキーウィバードのお肉を使ったバーガーと勘違いされている方がいらっしゃるのですが、キーウィバードは保護動物なのでハンバーガーには出来ません!!!!!(笑)

キーウィ=ニュージーランド人が好きな具材が入っているバーガーだからキーウィバーガーというんです。ニュージーランドビーフに様々なお野菜、特にビートルートという赤カブの一種のお野菜はニュージーランドではとてもよく食べる物です。

まだしばらくは販売されると思いますので、ご興味おありの方はご滞在中のランチにでも!

KANA

2014年1月18日 / Posted by issei

Comments Closed

2014
1月17日

ホビット

皆様、おはようございます。

1月も半ばに入って来ましたが、遅ればせながら先日、「ホビット 竜に奪われた王国」を見て来ましたので、ご紹介。



ニュージーランドは既に12月12日から公開していたのですが、何だかんだ忙しくてやっとゆっくり見に行って来ました。

日本は2月28日公開と、もうまもなくですね。日本の皆様にはネタバレしないようにここでは内容には触れないでおきますが、3時間という長い作品でしたが、とてもおもしろかったです!

ニュージーランドらしい景色が盛りだくさんで改めて、このニュージーランドの自然美を感じる事が出来ました。

ニュージーランドといえば、「ロードオブザリング」&「ホビット」。

この年末年始も、ホビット村のロケ地見学ツアーに参加されたお客様がたくさんいらっしゃいました!

春休みのニュージーランドご旅行を計画の皆様は公開と共にホビット2をご覧頂き、その後、オークランドご滞在の際にぜひともホビット村に実際行ってみましょう!!

弊社でもホビット村のロケ地見学ツアーを催行しております。
↓↓↓

http://www.issei.co.nz/tour/tour346

また、ホビットだけでなく、最近、もう一つ映画を見まして、レオナルド・ディカプリオ主演の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」も見ました。

この作品の結末にオークランドがある形で少し出て来て、予想外で映画館の中もオークランド市民がざわめいたのがおもしろかったです(笑)

どちらの映画もとてもおもしろかったのでおススメです☆

KANA

2014年1月17日 / Posted by issei

Comments Closed